とまのす

ちいさくゆっくり、民俗学。

上新田稲荷獅子舞

群馬県佐波郡玉村町上新田にある稲荷神社。

ここで、先日書いた「すみつけ祭り」とほぼ同時に

稲荷神社獅子舞が行われました。

f:id:ko9rino4ppo:20140215111536j:plain

 

獅子舞と言われて一番イメージしやすいのは

赤い獅子頭に唐草模様の布をかぶった「伎楽系(神楽系)」。

 

ですが、今回の獅子舞は「風流系」といいます。

1人で1匹の獅子を演じ、腹部に括った太鼓を打って舞います。

秋田のささらおどりに登場する風流系の獅子

 

写真でも黒い獅子に挟まれて赤い獅子が歩いていますが、

風流系では雄獅子2匹・雌獅子1匹の「三匹獅子舞」が一般的。

当日も、雄獅子が雌獅子を奪い合う様子を描いた

「女獅子隠し」という演目が舞われました。

 

***************************

 

獅子3匹を率いる稚児(カンカチ)について。

 

幼い子供は魂が汚れておらず、

またその命もまだこの世にしっかりと居ついていない。

だから、7つくらいまでの子供はまだ神の領域にある。

 

と、昔は言われたそうです。

そのため、神様が降りやすいとされた稚児は

日本各地の色々なお祭りに登場します。

 

 

 

今回の獅子舞でも、

穀物神の使いであるオトウカさん

(↓「お稲荷」を音読みしたもの。狐の面を付ける)

f:id:ko9rino4ppo:20140215155820j:plain

に続いて↓カンカチと呼ばれる稚児が登場します。

f:id:ko9rino4ppo:20140215133654j:plain

 

カン、カチ、と音のなる打楽器で拍子をとることから

この役をカンカチと呼ぶ、と言われています。

 

しかし、もう1つ「カンカチ」と言われて私が思い浮かべるもの。

それは「片脚(かんかち)」。

福島の一部地方で「山神」を表す言葉。

 

私はこの名称を福島でしか聞いたことはありませんが、

山の神は片脚が悪い(orもとから一本足)とする言い伝えは

日本全国に残っています。

 

また、この獅子舞は春祭りとして

氏子安泰・五穀豊穣などを願うもの。

 

“田の作物を見守っていてくださるのは

 里に下りて「田の神」となった山神さまだ。”

 

とも言われるので

豊穣祈願の場に山神様がいても不自然ではないハズ!

 

群馬のほかのお祭りでも

山岳信仰と関連深い天狗がカンカチを務めることもありますし、

カンカチと山神さまの関係は深そう。

と思った上新田の獅子舞でした

(・ω・)ノ