とまのす

ちいさくゆっくり、民俗学。

藤岡、鮎川獅子舞。

ここ最近、芸能を見るとなると県外が多かったが
今回は地元群馬県藤岡市に来た。

群馬は獅子舞の宝庫ではあるのだが、
あくまで内々の行事、という色合いが濃いのか
日時は各団体に問い合わせないと分からない場合も多い。
日付はまだしも時間は本当に謎で、
(関係者の連絡先を知らない限りは)
・過去に行った時のことを参考に見当で行ってみるか
・PDF化された広報誌をネットの海から探すか
・役所に問い合わせて各団体に訊いてもらうか
という感じである。
(役所の担当課さんには大変お世話になっております…)

今回は、大まかな目星だけ付けて突撃しようとしていたら、
獅子追っかけの大先輩からオンラインで
「公会堂前で9:30~」と情報を戴くことができた。
おかげさまで30分ほど余裕を見て前橋駅を出発。
高崎で乗り換えたら まったり15分くらい八高線
そしてJR八高線群馬藤岡駅から徒歩1時間ほどで鮎川!

管理人が行く場所の中では比較的都会で、
駅から目的地・鮎川公会堂に着くまでの1時間で
なんとコンビニが4軒くらいある。

そんなこんなで、
猶予が30分あったハズだが着いたのは9:30ジャスト。
方向音痴具合だけは計算通りである。
f:id:ko9rino4ppo:20190226212032j:image
国旗が交差した状態で掲げられ
公会堂には梅花紋の入った幕が張られている。
皆さん「梅」といえば思い浮かぶ神社があると思うが、
この鮎川獅子舞が奉納される北野神社の紋である。

ジャストに着いたが、まだ獅子の姿が見えないので
立っていたオジサンに「こっから始まるんですよね?」
と聞いたりしていると 近所のお母さんが現れ
「あれ?孫!?」とオジサンに言う。
「違ぇよw」「いや、前橋から、好きで見に来たもんで」
オジサンと私は口々に言ったが、お母さんはさらに
「獅子舞好きなんて珍しいね。中学生?高校生かな」と。
最早アラサーとは言い出せない状況に陥り
「いやぁ、意外と若くないんですよ」と言うに留めた。

そうこうしていると獅子が姿を現し 花笠も登場!
山形とか東京(多摩)の獅子舞に登場する花笠は
女性だったり女装が多いイメージがあるのだが、
鮎川の花笠は 裃姿(同じ藤岡だと紋付き袴とかも居る)。
f:id:ko9rino4ppo:20190226212118j:image
一同が出揃ったが、獅子と一緒にいたおじいちゃんが
「おーい、誰だコレ!綿菓子邪魔だよ!」
と大声を出している。
どうやら綿菓子機を載せた軽トラが
これから舞う場所のド真ん中に停まっている様子。
「今どかす!」と走って行ったのは、
先ほど管理人が話しかけたオジサンだったとさ…。

さておき、公会堂前での「街道下り」を終えると
先ほどの国旗をくぐるようにして獅子舞連中は北野神社へ。
幟を先頭に 花木持ち、花笠が続く。
少し間をあけて囃子方、シシとカンカチが列になって進んでいく。
f:id:ko9rino4ppo:20190228071514p:image
f:id:ko9rino4ppo:20190228071520p:image
以前は「道行(みちゆき)」として
公会堂から神社までの間も演奏や舞を行っていたが、
高齢化により終始舞い続けるのがしんどいため
現在は公会堂を出てから&神社の手前 各数十mのみらしい。
真ん中あたりでは皆各々に話をしながら歩いている。
担い手の高齢化は悲しいコトだが、
その間に地元の方とお話しすることができた。

それによると、
幟の後ろを歩いている花木持ちの「花木」は
今回は舞われない演目「花水」に使われるものだそうだ。
今日は公会堂と神社を往復するのみだが、
秋祭には地区の辻で「花水」や「幣がかり」を舞うらしい。
「ちょうどこの道から一本外れた普寛堂の前でもやるよ」
と言うオジサンの言葉に、
「不吹(ふかん)堂!?富山から来た風鎮めの文化が藤岡に?」
と一人で興奮したが、
列を外れて見に行ったら御嶽信仰のほうの普寛堂でしたわ。
残念ちゃん(´・ω・`)…”ふかん”違いやでぇ…。

携帯のストレージをケチって写真撮らなかったので
一応Googleマップ↓で再確認。やはり鳥居に「御嶽山」の文字。

f:id:ko9rino4ppo:20190228201106p:plain
普寛さんという人は 秩父・三峰山などで修行を積み
木曽御嶽山を信仰対象とする御嶽信仰の祖となった行者さん。
※開祖はまた別の方なので「第2の祖」と言われることもあります
この藤岡にある御荷鉾(みかぼ)山よりさらに郊外の
上野村のあたりに「三笠山」という山があるのだが、
この三笠山は普寛さんが開いたと言われている。
この鮎川の地も訪れて布教してたのかもしれないなぁ。

列に戻ったところで、
春にはやらない「村回り」が話題に上ったのだが、
鮎川獅子舞は どうやら家々を回る「門付け」と言うより
T字路やY字路など「辻」「岐(くなと)」で舞うモノらしい。
秋は10月の第1日曜と聞いたので 是非観てみたい!
群馬の10月は獅子舞ラッシュだけど!

さて、そんな話をしていると あっと言う間に神社。
鳥居の手前から再び演奏が始まり、そのまま境内へ。
鳥居を入って正面の大きな建物が北野神社と思われる。
屋根瓦に梅の紋も入っているし。

が、一同は その建物を通り過ぎて脇にある小さな境内社へ。
f:id:ko9rino4ppo:20190226211426j:image
そのまま、小さな社の前で一庭舞う。
ちなみに獅子以外に 獅子と同じ装束の男子が1人。
そして可愛らしい桃太郎のような恰好をした子が1人。
どちらも銀の棒を打ち鳴し「カンカチ」と呼ばれる。
f:id:ko9rino4ppo:20190226212049j:image
後で聞いた話では、
本来は獅子と同じ装束を着たカンカチが2人居て
前獅子・後獅子と対になり全く同じ動きをするのだという。

管理人は今まで比較的
・そもそもカンカチが居ない
・獅子と違う派手な装束の幼いカンカチのみ
という獅子舞を見ることが多かったので
カンカチ=獅子とは別物の御稚児さん的なにか
という感じで見ていたが…。
今回の獅子の動きを「模倣する」役回りというのを見て
「カンカチの本番の中に獅子になる練習が組み込まれている」
というような不思議な感じがした。

そう言われてみれば板橋春夫先生が
「カンカチは獅子の予備軍」
というようなことを書いている本があったような…。

名称については様々な表記があるが、
子供らの鳴らす金属の棒の音が「カン、カチ」というので
この役回りや棒自体を「カンカチ」と呼ぶらしい。
そこまではなんとなく腑に落ちた気にもなるのだが、
カンカチという存在自体も結構謎で 群馬の中だけでも
カンカチを打ち鳴らす子供をカンカチと呼ぶこともあれば
天狗面を付けた役を冠勝(かんかち)と呼ぶ地域もあり、
かと思えば 天狗役とカンカチが別に存在する地域もある。

カンカチは、鳴らし方と言うか打ち方が
ササラで獅子を鼓舞する様子に似ているような気がした。
羽場日枝神社獅子舞などに登場する竹製のアレだ。

この「ササラ」が指す対象も幅広く
上記のように獅子を鼓舞する道化役が用いることもあれば
埼玉や山形を見てみると花笠がササラ(楽器)を持ったり。
はたまた、群馬・埼玉では獅子舞自体を「ささら」と呼んだり
東北ではシシが背中にササラ(依代)を付けていたりする。

しかし!
カンカチ・ササラ共にこれだけ多くの意味を持ち
使い方が似ている地域も多いながら、
多分だけど金属の棒をササラと呼ぶところは無い。
農楽(ノンアク)の楽器ように
金属-植物/皮みたいな
材質の違いが何か重要なんだろうかと考えたり。
※韓国の芸能・ノンアクやプンムルノリでは
 金属が天、皮や植物が地を表していると聞きかじったことがある

カンカチと獅子、天狗、金属の関係は気になる。
カンカチが登場する地域の獅子舞も
もっといろいろ見てみたいなぁ。

…そんな妄想をしている間に舞が一旦終わり、
一同は先ほど素通り(?)した大きい方の神社前に並ぶ。
神職さんが拝殿内から登場し、清めてもらっている様子。
ちなみに鮎川北野神社の神職さんは女性でした。
f:id:ko9rino4ppo:20190226212017j:image
それが終わると、再び小さな社の前へ戻り「剣の舞」。
少し舞ったところで、まず先獅子が社の前で四つん這いに。
そして、首と腕を横へ振り 上へ仰ぐ。
このポーズ、なんだかシャキーンとしててカッコイイ。
f:id:ko9rino4ppo:20190226211503p:image
その後、いったんカシラの紐を緩め(ているように見えた)
世話役さんみたいな人たちがカシラの口に短刀を咥えさせる。
f:id:ko9rino4ppo:20190226212111p:image
咥え終えてカシラを締めると、
再びグゥワッ!っとゆう感じでこのポーズ!
f:id:ko9rino4ppo:20190226211519p:image
後ろから見ても前から見てもカッコイイなー。
ちなみに、鮎川のシシも腰に御幣↓を付けている。
f:id:ko9rino4ppo:20190226211345j:image
なんかこのへんの動物的な動き、好きだなぁ。
遠吠えするみたいに真上を向いたり4本足で這うように動いたり。
f:id:ko9rino4ppo:20190226211418j:image
そして、先獅子に続いて後獅子も短刀を咥えると
2匹とカンカチたちは揃って舞い始める。
(この間、雌獅子は横にハケて太鼓を打っている)
f:id:ko9rino4ppo:20190226211405j:image
f:id:ko9rino4ppo:20190226211422j:image
舞い終えると、一同は境内を出て公会堂へ。
2月に獅子舞というコトは モトは初午2/11だったのでは?
と思うわけだが、初午と言えば稲荷神の祭り。
だとしたらあの小さい社は稲荷社なんだろうか。

いつもなら明記してなくとも しつこく
「扁額は無いか」「神紋は?」「狐いるかな」
などと見ているのだが、
写真を撮っている人を邪魔するまいと思ったせいか
何だかわからないが詳細を確認し忘れるという失態。
だって人の写真に写り込んだら悪いなと思うじゃないか…
(小心者)

仕方がないので帰ってから県立図書館へ行き、
モトは「初午の日」に奉納だったのではないのか?
と調べていると石川博司さんの冊子にたどり着いた。
「獅子舞雑記帳」「私のまつり通信」などを読んでいると、
どうも当初は初午の日だったらしいのだが
「その時期では寒くて笛が吹けない」
という理由から日程が2月終盤へと変わったらしい。
「人が集まらないから休日に移動」だけじゃなく
寒さの問題があったのね…(´・ω・`)
f:id:ko9rino4ppo:20190226212021j:image
結局、何社なのか自分の目で確認することはできないまま、
獅子舞連中とともに公会堂へ戻る管理人。
その途中、獅子頭にまつわるエピソードが明らかに!

「漆を塗り直すとき髪も頼んだら元と違う感じになった」

…え?獅子頭って結構大事なモノだよね?
直すときって、なるべくモトと同じになるように直すんじゃ…。
公会堂に戻ってからも獅子の毛が気になって、
カシラを外そうとしているオニイサンに近づいてみる。
f:id:ko9rino4ppo:20190226212127j:image
頭の上にまくり上げてある茶色い布が
舞っているときは後頭部から背中まで垂れていて、
そこに獅子のタテガミになるように馬の毛が付いている。
オジサンの話によると
「後頭部の部分の毛(巻き毛)がモトの感じなんだけど」
とのこと。布の両脇から見えてるウェーブ毛のことね。
一方、獅子頭に直接植えてある毛は
中の人(?)の頭の両脇に垂れているヤツ。
…え…毛質まるっきり違いますやんΣ(・ω・ノ)ノ!
どれくらいって、マドンナと有村架純くらい違う。

いや、もう獅子的にはこんな気分だよね↓
f:id:ko9rino4ppo:20190226212408j:image
なんかこうね、勝手に
伝統芸能ってずっと姿が変わらないのかな」
「昔っからずーっとおんなし道具使ってるのかな」
みたいに思いがちなんだけども、
新調した時に結構変わっちゃう団体さんもあるらしい。
それは職人さんの考えとか団体の意向とか
いろんな理由があると思うのだけど。

だからこそ、
見たことあっても ちょくちょく見に行きたいし
ファインダー覗いてばかりは嫌だけど写真とかも大事だな
とか思ったりしたわけでして。

ちなみに、カシラの裏側(中身?)を見てみたら
頭にかぶるカゴ部分に 紐で作ったネットみたいなものが!
手ぬぐい巻いて 直接カゴ被るんじゃないんですな
痛さとか安定感が良くなるんだろうか?
逆にポヨンポヨンしたりしないのか?
f:id:ko9rino4ppo:20190226211454j:image
そんなことを考えながら写真を撮りまくっている間
皆さんはカシラを脱いで 水分補給。
これも以前は無かった風景なのだそうだが、
休憩ナシでは獅子たちの息が上がってしまうため
インターバルを入れることになったらしい。

一息入れた後は、公会堂前で「綱切り」。
花笠の持つ縄に引っかかったり
縄を挟んで前獅子・後獅子が闘うような場面があったり。
f:id:ko9rino4ppo:20190226211439p:image
f:id:ko9rino4ppo:20190226211450j:image
管理人は以前から、
この「綱切り」という演目を不思議に思っている。
神楽で「綱切」って言ったら
大蛇に見立てた綱を真剣で斬って無病息災を願う演目か
全ての舞が終わった後の神送り的な演目だけれど、
この綱、大蛇ほど太くないし コレ最後の演目でもないし。

いや、分かる人に訊けば一発なんだと思うけれど…。

縄って結界的なモノの象徴なのかな と思う事は多くて、
各地の祇園祭とかでも巡行が始まる時に
先頭で稚児が綱を切って始まったりするワケで。
あとは、門付けとかでも獅子を先導する人が
家に張られた注連縄を切って 提灯を持って立つのが、
「次は、この家に門付けだよ」の合図だったりするし。

でも、獅子舞の綱切りは
カンカチや獅子が この綱の向こうとコッチを
結構行ったり来たりするワケですよ。
くぐったり、越えようとして引っかかったり。
それがすごく不思議でならなくて。
あれ?コレ別に結界的なモノじゃないんだな、と。

だからむしろ
紙垂とか付いてないし 単なる「綱」なのか?と考えたり。
例えば「ボンゼン掛かり」とか「かかす(カカシ)」的な、
偶然そこに在った人工物に興味を持って
おっかなびっくり近づいたり飛びのいたりを繰り返して
最終的には それを手に取ったり跳ね飛ばしたりする感じの。

「綱切り」でも 何度も同じような動きで近づいた後
太鼓のバチを振り下ろして…綱を切る! ↓
f:id:ko9rino4ppo:20190226212025j:image
次こそチャンスがあったら誰かに訊こう…。

そしてついに最後の「雌獅子隠し」。
中央に立った花笠2人の間に雌獅子が居て
2本のバチを水平に持っている状態で
雄獅子から「見えていない」コトを表しているようだ。
f:id:ko9rino4ppo:20190226211435j:image
他の団体や演目と比べて、
この雌獅子隠しは すごく歌が聞き取りやすいな
というのが一番の感想。

〽思いがけじの朝霧に 霧に雌獅子を隠されたの
〽霧に雌獅子を隠されて 心ならずも狂う獅子かの

いや、聞き取りやすいとか言っておいて
「狂う獅子かの」か「苦ししかな」か「苦しい鹿の」か謎…。
ともかく、急に霧で雌獅子を見失って動揺している場面だ。

その後、〽南無薬師 想いし妻に逢わせてたまわれ
薬師如来さんに「大好きなあの人に逢わせて」と願掛け。

〽薬師の御夢想 はや見え候 尾花隠れの見ゆる嬉しや
薬師様の御夢想(ごむそう=夢のお告げ)が早くも見えた!
ススキの蔭に居るって分かって嬉しいよ!
と、無事雌獅子に出会えた様子。よかったよかった。

雌獅子隠しが終わると、
お弁当などが届いて関係者の方は公会堂で昼食に入るようだった。
直会的な感じなんだろうか。
管理人はここでカシラの写真を撮らせて戴いたり
獅子追っかけの大先輩方の会話を聞いて
自分のヒヨっ子具合を実感したりしつつ、まったり。

獅子頭
前獅子が緑。毛は栗毛(茶)
中獅子が赤。毛は葦毛(白)
後獅子が黒。毛は青鹿毛(黒)
雄2匹は2本角、雌は宝珠を頭上に頂く。
f:id:ko9rino4ppo:20190226212104j:image
さらにこの後
「髪が多すぎて顔が見えないから近所の美容室の人が切った」
という獅子頭かみのけエピソードⅡを聞くこととなった。
もう、髪の毛が気になってしょうがなくなってきたよ…。

ちなみに、以前は高崎競馬から貰ったりしていたそうだが
現在はもう高崎競馬は運営していない。
ので、馬の尻尾の毛自体が入手困難になりつつあるとか。
確かに、ある程度の長さがないとだしなぁ。
昔はよく手に入ったモノも、
わざわざお金を払って誰かから買うようになる。
藁とかもそうかもしれないですな。

県内、いくつか乗馬クラブがあるので
そんなとことも協力体制的なの出来たらいいな。
なんて思いましたとさ。


*おまけ*
この後、鮎川の近くの平地神社へ行ったら
「ハンドメイドのために木の実を集めてるの」
というお母さんに遭遇。手元には杉の実や松ぼっくりが。
鎮守の森にそんな使い方があったとは…(;゚Д゚)
そんな感じで神社を年中回っている方でさえ
「え?今日獅子舞があったの?」
「ん?この神社でも獅子舞やることあるの?」
「群馬に獅子舞ってあったんだねぇ」
「えッ3匹もいるの?」という状況。
群馬には獅子の大群がいるんですよ!奥さん!

しかし、決して この方が特別なわけではない。
当ブログでも何人もの群馬の方々から
「群馬に獅子舞があったのか」「見たことなかった」
という旨のコメントを戴いてきたわけで。
こんなに"人も歩けば獅子に当たる"ような頻度で
県内各地で獅子舞やってるというのに…。

管理人などは、初めて東京で獅子舞を見た時、
「え、3匹じゃないし4本足なの」と驚いたというのに…。

「内々で」が本来の姿であって大事にしなきゃな姿なのかな
と思いつつも、もっといろんな人(特に群馬の人?)に
群馬の獅子たちを知って・見てほしいなー
…と思った日曜日でしたとさ。
(/・ω・)/