読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とまのす

ちいさくゆっくり民俗学。

風の国の不吹堂

富山 神社仏閣

ジブリには
「題名に〈の〉を入れるとヒットする」
というジンクスがあると昔きいたことがある。
ということで崖の上のポニョ的な題にしてみたよ
(/・ω・)/ワッショイ!

…さておき、
おわら風の盆も風鎮祭だと言われるように
富山は非常に風というものを意識した信仰が多い。

*富山と風*
それというのも、
富山には局地風というやつがあるからだ。
局地風にもいろいろあるが、
小学校の時に社会の授業で習った「やませ」や
阪神タイガースで有名な「六甲おろし」が有名かと思う。
要は、限定された地域で吹く強風のことである。

我らが群馬県
「赤城おろし」や「榛名おろし」「からっ風」が吹くように、
富山にもいくつか局地風がある。
有名なのは「庄川おろし(井波風)」。
これは南砺地方(白川郷の合掌造りがあるあたり)で
春・秋に猛威を振るう南風だそうだ。
この井波風は「フェーン現象」が原因であると言われている。

風の吹かない地方の人は
「なにを風くらいで」と思うかもしれないが、
我らが群馬県の冬も
看板は曲がるわ、ゴミ(むしろゴミ箱)は吹き飛ぶわ、
橋を渡っている車も風にハンドルを取られ、
通行人は風圧で歩道から押し出される始末である。

東京に引っ越した時に
洗濯バサミなしでハンガーに洗濯を干し
ほんの そよ風で「きゃー!風つよ!」
と言っている東京女子を見て愕然としたものだ。

さて、
富山の各地にはこの風を何とかするため
「不吹堂(ふかんどう、ふかずどう)」
と呼ばれるものが点在している。

本当に小さな祠から、神社らしいものまで
バリエーションは色々あるわけだが。

今回訪れたのは、笹津にある級長戸辺神社である。
シナトベ神社と読み またの名を不吹堂という。
f:id:ko9rino4ppo:20160920193018j:image
シナトベ(またはシナツヒコ&シナツヒメ)は、
国生み/神産みの母・イザナミから生まれた風の神様。
彼女が朝霧を払うために吹いた息から生まれた神様である。

Wikipedia先生によると、
「シナ」とは「息が長い」という意味らしい…

神社の敷地にもかかわらず、
富山の道端に居るお地蔵さまと同じノリで
小屋に入った弁天様が。しかも結構造りが細かい。

花が新鮮な所を見ると、
このあたりの人によく拝んでもらっているようだ。
(*´ω`*)
f:id:ko9rino4ppo:20160920193057j:image
拝殿の裏に回ってみるが、
やはり今回の富山で訪問した他社と同じく
裏手はサッパリしたもので
末社道祖神馬頭観音などは全然ない。
f:id:ko9rino4ppo:20160920193156j:image
弔魂碑(大)がドーンドーンと2つあるが
この神社の横にある用水路工事関連のモノだろうか。
ちょっと蚊がすごすぎて裏まで見られなかった…。
神社の裏だが、花の供え方などが仏前的な感じ。

ちなみにこれ↓がその用水路。
今時珍しく何の囲いもない用水路で、
悪意を持った人が背後に居たら簡単に突き落とされそうである。

f:id:ko9rino4ppo:20160920193131j:image
この用水路ができたことで非常に地域は助かったそうだが、
これだけのモノを作るにはやはり数人が亡くなったそうである。
今でこそ労災だなんだと事故が起きれば大変だが、
何かを作るのにケガ人や死人が出ない方が奇跡!
という時代もあったのである。

さて、こちら↓が拝殿の中。
f:id:ko9rino4ppo:20160920193218j:image
始発で行った甲斐あって、
朝日が差し込み爽やかな雰囲気である!

この画像ではよく見えないかもしれないが、
扁額の左側に仏像のような写真が飾ってある。

仏教圏だけあって神仏集合で
この神社にも何か本尊があったのだろうか。
(完全な想像です…)

*風と蚕と*

 さっきは悪風・暴風と呼ばれるような
風の悪い側面の話ばかりしてしまったが、

強風というやつは
家屋を破壊し火事を拡げる「荒ぶる力」であるとともに、
季節を運び 作物を成長させる「恵みの力」でもある。

そしてさらに、蚕の名産地であった富山では
高い屋根の中で飼っている蚕に新鮮な空気を運び
また蚕のゴハンである桑葉から害虫を吹き飛ばす
蚕の守り神でもあったのだ!

信仰というのは「自然の力の大きさ」だけでなく
産業や経済とともに成長・進化していくもの。
それを非常に感じた富山滞在でしたとさー。

しばらく更新さぼってましたが、
これで富山シリーズはいったん終了(*'ω'*)