とまのす

ちいさくゆっくり、民俗学。

養蚕つたえる姉倉比売神社。(笹津)

探せばもっとあるのかもしれないが、
今回富山で行動した範囲に姉倉比売神社は2つ。

1つは、「おわら風の盆」の越中八尾から2駅・・・笹津
もう1つは、富山から「あいの風鉄道」で1駅・・・呉羽

呉羽の方が駅から神社まで近いのでコチラに行く予定だった。

…しかし、管理人は富山の電車の少なさをなめていた。
富山駅に新幹線が通っているからといって、
そこから出ている「高山本線」や「あいの風鉄道」も
東京の鉄道のようにバンバン来ると思ってはいけなかったのだ。
乗り換えの接続もよくない!

やむなく、乗り換えしなくて済むように
越中八尾と同じ「高山本線」に乗って笹津へ。
富山駅では「おわら風の盆」当日とあって、
この田舎電車にコレでもかとシニアが乗り込む。
そして、この嵐に紛れ込んでしまったジモッティ以外は
全員「おわら風の盆」目当てのため「越中八尾」で降車。

もはや、車内に残った管理人はジモッティとみなされ
「今日は貸し切りですねぇ!」「夜は踊るんですか」
と降車するシニアたちにやたら話しかけられた。
内心「わりぃけど越中人じゃねぇんさ」と上州弁で呟きつつ
「ええ、まぁ」と適当な返事をしてお別れ。あと2駅。
到着すると、もちろん無人駅。

降りて駅を出ると、
古風な美容室などもあるが それも数分の話。
すぐに山っぽい雰囲気に。

f:id:ko9rino4ppo:20160903035141j:image
そして、その藪の中や
藪を抜けた先のコミュニティセンターなるものの近く、
そして豊かな稲の生える田んぼの隅などには…
f:id:ko9rino4ppo:20160903035350j:image
お地蔵さま!

f:id:ko9rino4ppo:20160903035323j:image
正面は僧侶っぽい。
右は地蔵菩薩、左は観音様?
f:id:ko9rino4ppo:20160903035250j:image
これは、暖簾みたいのかかってて
恐いので覗かなかった。

富山に来て感じたこと。
とりあえず、道祖神がない。サルタヒコも含め。
それらがありそうな場所にあるのは、
ひたすらこうゆう小さな祠に入った菩薩や明王

かなり強力な仏教圏ということだろうか。
その割には八尾の町には立派な神社も多いが、
そういうところの社殿の裏に
末社が全く無かったりするのも結構不思議だ。

さて、さらに進むと小さなプレハブ小屋のようなもの。
何だろう。村の観音様かなんかですかね、
と軽い気持ちで覗くと…
f:id:ko9rino4ppo:20160903035415j:image
おお、意外と豪華なメンバー!?(゚д゚)
一番左は顔が3つで斧やら何やら持っている。
持ち物からしても馬頭観音か?

そして、三尊像のようだが
阿弥陀なのか釈迦なのか薬師なのか分からない。
阿弥陀なら脇侍は観音・勢至菩薩
釈迦ならば脇侍は普賢・文殊菩薩
薬師ならば脇侍は日光・月光菩薩

うーん。仏教音痴だからわからない。
普賢と文殊だって乗り物に乗ってなきゃ判別できないし。
ただ、この脇侍の土台に「明治十四年」と書かれている。
明治初期といえば全国的には廃仏毀釈の嵐だったはずだが
その数年後に新たな仏像が奉納されるとは。
やはり仏教勢力の強い土地だったんだろうか。
(それとも、壊されてしまったから奉納したのか?)

さて、そんなこんなで姉倉比売神社の御膝元に到着。
f:id:ko9rino4ppo:20160903035449j:image
緑豊かな公園である。ふむふむ、この奥だな。
と入っていくと…
f:id:ko9rino4ppo:20160903035504j:imagef:id:ko9rino4ppo:20160903035540j:image
おおぉおおお( ゚Д゚)!?
なんかオッサンがこっち覗いてるぞぉおおお!
一瞬本当にビビった。

そこからさらに奥へ行くと、到着。
f:id:ko9rino4ppo:20160903035559j:image
階段を昇っていくと神馬なのか、馬の像が。
桐の家紋までついている。
f:id:ko9rino4ppo:20160903035620j:image


扉などはなかなか古そうだ。
注連縄は、この辺でよく見る感じ。
中心と両端で太さにかなり差があるタイプ。
ボンボンみたいな太くて短い房。
紙でなく板状の御幣。
f:id:ko9rino4ppo:20160903035642j:image
コチラに祀られている姉倉比売さんは
この土地の者に養蚕や機織りを教えた神様だ。
筑波山の蚕影山信仰における金色姫のような感じか。

ちなみに、養蚕技術などはおそらく
中国から朝鮮半島を経由して日本にやってきたと言われている。
そんなこと言ったら、
先進的なものはほとんど大陸から来たのだが…
まぁ養蚕も例外ではなかったというわけだ。

蚕を日本に伝えたのも渡来人の秦氏
上に書いた金色姫も天竺生まれの女神さま。
そうかんがえると、
養蚕や機織り技術を持った姉倉比売もまた
大陸生まれの女神様なんだろうか?
(ここら辺は全くの妄想である(´・ω・`)

さてその姉倉比売は
能登の伊須流伎比古(イスルギヒコ)の妻だったのだが
イスルギが近所の能登姫ちゃんと火遊びしたことにガチギレ。
船倉山の石という石を旦那に投げつけ、大乱闘に。
この大騒ぎの調停のために
まさかの大御所・オオクニヌシが引っ張り出されたほどだ。

結局浮気をしたのは旦那のくせに、
騒ぎを起こした罰として彼女が富山・呉羽に流された。
そして土地の女たちに機織りを教える刑に処されたのだ。

いくつかの民話では
「それはそれは美しい姫神様がおいでになって
 蚕の育て方や機織りを教えてくれたんだとさ」
みたいなサッパリした話になってるんだけど、
まさかの…実刑だったのね。
親切で教えてくれたんじゃなかったんかーい!

まぁそんな理不尽な昼ドラ神話でしたとさ。
ちなみに、この姉倉比売神社は八尾のそばだが
因縁の相手・能登姫の神社付近には七尾という地名がある。
同県内ではないのにこんなに関連深そうな地名とは。
「尾」はこの場合どう言う意味でつかわれてるのか気になる。

さて、拝殿の金網の隙間から覗いてみると
正面に扁額?絵馬?が2つ。小さな方は神馬である。
御神体なのか、正面の奥には何かが白い布で覆ってある。
f:id:ko9rino4ppo:20160903035725j:image
さて、大きなほうの額の絵は神功皇后と武内大臣か。
もしそうだとすれば、
朝鮮半島に関連深い養蚕神社に
新羅を降伏させた神功皇后の絵を奉納するというのは…
真意を測りかねるぞ。どうゆうことだ。
f:id:ko9rino4ppo:20160903035739j:image
しかし、絵としては遠近感の広がりがあって
服装も鎌倉時代的な鎧兜じゃなく古風でイイ感じ。

さて、境内に戻る。
f:id:ko9rino4ppo:20160903035807j:image
狛犬は、口の中にちゃんと球が入っている。
口と一体化しているのではなく独立しているようだ。
f:id:ko9rino4ppo:20160903035815j:image
なかなか野獣感のある獅子で
個人的には結構好きなタイプ。

ちなみに、さっきの公園側でなく
神社正面から入って行くと
この階段を登らなければならない。
f:id:ko9rino4ppo:20160903035841j:image
偶然とはいえ、こちらから登らなくてよかった~
(*´Д`)

降りた先には小さな滝がある。
f:id:ko9rino4ppo:20160903035912j:image
そして、右半分が白くなってしまってあまり見えないが
滝の前には一対のタヌキ(夫婦か?)が居る。
左は着物を着たメス。右は裃を付けたオス。
こんなところでタヌキとは
神社の御膝元とはいえ、やはり仏教圏か。
(以前も言ったが、タヌキ仏教・キツネ神道イメージ)
f:id:ko9rino4ppo:20160903035928j:image
↓キノコ風・石燈篭
f:id:ko9rino4ppo:20160903040017j:image
一瞬、リアルカエルかと思ったが置物↓
ココの公園管理者は置物が好きなんだなきっと。
f:id:ko9rino4ppo:20160903040042j:image
そして、富山だけあって米がすごい。
米というか稲だな。みわたすかぎり、稲。
f:id:ko9rino4ppo:20160903040242j:image
さて、次はいよいよ
おわら風の盆の記事を…書けるといいなぁ(´・ω・`)
※最近更新さぼり気味