読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とまのす

ちいさくゆっくり、民俗学。

大胡祇園の天王さん&暴れ獅子!

さて、昨日に続き上毛電鉄で数駅。
f:id:ko9rino4ppo:20160731132031j:image
ちなみに大胡方面へ行く電車は、
この時期おまつりラッシュなので祭り仕様。
天井からは提灯や水鉄砲、法被などが下がっていて
夏休みの高校生も相まってイイ感じに夏だ。
(もっと大きな写真で見ていただきたいが、
 顔が判別できない大きさで、とか気にするとね…)

f:id:ko9rino4ppo:20160731132137j:image
午前の天王さんの御渡りより早く着いたので、
ちょっと散策。
お、何だこの石碑は?
f:id:ko9rino4ppo:20160731132156j:image
…えっ!
すごい貫禄ある顔の馬頭観音
なんてゆうか、明王様みたいな憤怒相を想像してたけど
なんかおでこにシワあるし意外と年寄り!?
馬もすごく立体的!

こんなところで何気なく出会ったけど、
今までで一番インパクトある馬頭観音かも。

民俗学とかカミサマとかと別に
単純に馬が大好きなので二重にテンションが上がる。
f:id:ko9rino4ppo:20160731132210j:image
その横には…「ムンカスタスウヱル之碑」とある。
〇〇スウェルという名前の競馬馬は結構いるが、
この名前はヒットしない。
と思ってよく見ると、
上のほうに「國有種牡馬」と書いてあるではないか。

国有種牡馬というのはおそらく、
日露戦争後に馬の改良政策が持ち上がったころの話だ。
日本の軍馬がダメダメだったので、
国有の種牡馬と民間の牝馬を交配させる計画が練られた。
群馬はその際に全国で数個の「種馬所」が設置されたのだが、
もしやそれが大胡だったんだろうか。

この土地がムンカスタスウェルにとって
一体どんな場所だったのか分からないのだが。
とにかく、国有の種牡馬なんてきっと
そのころの話なんじゃないかと思う。


*天王さんの御渡り*
変な所で時間を食ってしまったが、
コチラが当日の神様ポイント。八坂神社だ。
f:id:ko9rino4ppo:20160731132328j:image
…え?

これ神社ッすか?って人もいるかもしれないが、
中にはちゃんと本殿もあって注連縄もあるし。
れっきとした神社なのだ。
超コンパクトな、近代神社である!

題名にもあるように祇園祭なので、
当然、京都でなくとも主役は牛頭天王だ。
つまり、あの御神輿に天王さんが乗ってるのだな。
f:id:ko9rino4ppo:20160731132522j:image
そしてこの顔を見ると誰もが
「あ、天狗だ」と思うだろうけども、
これが道端によくいる(?)サルタヒコだ。

そして神馬ちゃんが…寝とるやないかーい!
かわいすぎる!居眠り!
お兄さん、至近距離でガン見しすぎ!
f:id:ko9rino4ppo:20160731132351j:image
練り歩く際の御旅所的な感じだろうか、
ちゃんと太鼓とかも設置されている。
f:id:ko9rino4ppo:20160731132410j:image
さて、いよいよ神輿が八坂神社の神域から人間界へ!
注連縄をくぐるために、屋根の上の鳳凰が取ってある!
f:id:ko9rino4ppo:20160731132542j:image
神馬ちゃんも目を覚まし、先頭でスタート。
f:id:ko9rino4ppo:20160731132600j:image
な、なんと、全然車が規制されておらず
神馬をバンバン追い抜いてゆく!
不良っぽいバイクもブイブイ言いながら通っていったが、
神馬、動じず。大したもんだ。
f:id:ko9rino4ppo:20160731132611j:image
そして神輿に先立って青年会さんが
「御賽銭お願いしまーす!」と言いながら走り回る。
お賽銭を渡すと、御榊でパッパッと払うような動作をして
箱に持っている塩をくれる。
f:id:ko9rino4ppo:20160731132630j:image
そしてついに行列が進み始めた(*'▽')
御榊の後ろに鉾(だと思う)。
そしてその後ろに八坂神社の御神輿。
f:id:ko9rino4ppo:20160731132725j:image
本場京都の祇園祭では絢爛な山車のような山鉾が出るが、
おそらくはこの榊の後ろの鉾も同じ役割ではないかと思う。
子供が乗っていて非常にかわいいが、
将軍様みたいな帽子を腰に下げているので
偶然乗せてもらったのでなくそうゆう役目で乗っているんだろう。

さて、この鉾は
本場京都ではもともと鉾(武器)ではなく
尖った木(神様の依代)だったと言われている。

そう考えると、
祇園の山鉾にも大胡の鉾にも子供が乗っている
というのも、憑子・尸童(よりまし)が原型なんだろうか。

ともかく、木の枝だったころは
悪い神様をアンテナ的に集めた後は
木ごと煮るなり焼くなり処分してしまえばよかったが…
京都ほど豪華な山鉾を作ってしまえばそうは行くまい。

なのでせめて(効果があるか分からないが)
京都の祇園祭は山鉾を午前に曳き終えて早く仕舞うらしい。
大胡の祇園祭でも天王御渡は午前で
暴れ獅子が午後なのはそういうわけだろうか?
f:id:ko9rino4ppo:20160731133112j:image
鳳凰も無事付いて、立派である。
個人的に、なんだかあの神輿についている小さい鳥居が好き。
いつも住んでる本殿から、
分身みたいに小さな姿で出てきて
神輿に乗り込むカミサマを想像すると可愛すぎる。

そしてこちらが先ほどのサルタヒコだが、
道案内の神、道を拓く神だというのに
どういうわけかしばらくは鉾より神輿より後ろ。
という状態だった。どっかでフォーメーション変えるのか?
f:id:ko9rino4ppo:20160731133339j:image
というところで、ちょっと用事があっていったん家へ。
いやー。電車で十数分で祭り会場に着くってなんて楽なんだ!

*暴れ獅子*
さて、用事と昼寝を終えて再び大胡へ。
よいさ、よいさ、の掛け声とともに
超男らしい獅子が登場!
f:id:ko9rino4ppo:20160801184311j:image
獅子舞の獅子頭同様、
中は空洞になっている。
だがおそらく、耳は動かない。
(獅子舞の頭は耳がピコピコ動く仕組み)
f:id:ko9rino4ppo:20160801184431j:image
暴れ獅子の先頭には、
提灯を持った兄さんたちがいる。
この人たちが獅子が寄る家の前に立って
目印になるのだ。
f:id:ko9rino4ppo:20160801184455j:image
そして、午前と同じく
お賽銭をもらって塩を授与する兄さんも。
f:id:ko9rino4ppo:20160801184510j:image
f:id:ko9rino4ppo:20160801184557j:image
しばし休憩。みんなでお茶飲んだり。
暑いから倒れないように気を付けないとね。

と、補給したところで再び出発!
そして町内の家々を…襲撃!
f:id:ko9rino4ppo:20160801200640p:image
疫病を追い払うために激しく暴れるというが、
まさに襲撃というのが一番シックリくる。

ただし、とにかく暴れまわっているというわけでなく
先導してる提灯の兄さんのひとりが
「オイ、ヒトんちぁ触んじゃねぇぞ!(゚д゚)ゴルァ」
と凄む。どうやら、民家に被害がないように
かなり気を付けて運営しているようだ。

そしてよく見ると、
門の近くに獅子を担いでいない兄さんたちが集まり
ドカンドカン押してくる獅子を押し返して
いわば緩衝材になっているようだ。

このように門戸を襲撃するほか、
広場などで獅子がすごい勢いで回転するのも
結構迫力がある。
大変なのは布の一番後ろを持っている兄さんである。
よく見ると回転する獅子頭のまわりを飛び回っている。
そして、この動画 よく見ていると
歩道周辺で飛んできた兄さんを避けて縁石につまずき
尻もちをついているおっちゃんが小さく映っている。


暴れ獅子(大胡駅前)


ちなみに、駅舎やテント、店には結構容赦ない。
大胡駅も襲撃を受け、後で見たら庇に獅子の塗料がついていた。

さて、獅子の塗料というところで
上の写真でも兄さんたちがみんな赤錆みたいな色で
一体どうしたことだろうと感じたかもしれないが。

この暴れ獅子はベンガラで彩色されて、
毎年どこか破損するので毎年作り直しているという。

ベンガラは古来から
人を埋葬するときにこれで化粧をして
あの世に生まれなおすように願ったと言われたり、
古墳の内壁の装飾に使われたりと重要な顔料だ。
f:id:ko9rino4ppo:20160801201146j:image
この祭りでも、
獅子頭をおいて青年会の兄さんたちが休んでいる間は
子供たちが集まってきて獅子頭をべたべた触り
手に着いた顔料を自分の顔に塗りたくっている↑
※一応、不自然だがお子さんたちの顔はぼやかしてみた。

そして、このJA広場での休憩の後は…
お約束の「警備本部襲撃」!
これこれ。これが見たくて待ってたのだよ!
f:id:ko9rino4ppo:20160801201205p:image
獅子頭が向かってくると同時に、
警察官たちが総員、長机を思い切り押さえる!
そして次の瞬間…
f:id:ko9rino4ppo:20160801201223p:image
ドカーン!
腕っぷし強そうな警官さんたちが押さえてるとあってか
ここが一番容赦ないぶつかり方な気がする( *´艸`)

写真ではイマイチ伝わらないので最後に動画を貼って
今回は終わり~。


暴れ獅子(JA広場前 警備本部襲撃)

けっこうな夕立が来た後だったので、
テント後方から撮っていた管理人に
屋根にたまっていた水が思い切り降ってきたよ(´・ω・`)