読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とまのす

ちいさくゆっくり民俗学。

端気町の日枝神社。

神社仏閣 オオヤマクイ 群馬

申年になったよ!

ということで、サルとゆかりのある場所へ行ってみようー。

みたいな流れで前橋市端気町にある日枝神社へ。

 

そも 日枝神社ってやつは全国にたくさんある。

(稲荷神社ほどではないけれど)

 いったい日枝神社って何者なんだ?

というと。

「日枝」はヒエダでなく「ヒエ」と読む、

というのがヒントで、日枝と名の付く神社は大体

比叡山に鎮座しているオオヤマクイという神様を祀っている。

 

え?比叡山って仏教のお山じゃないの?

 

ってイメージだけど。

古事記では日枝山(ひえのやま)という名前で登場。

さっき紹介したオオヤマクイという神様がいる場所とされ、

山として自然信仰の対象になっていたわけで。

仏教以前から大事にされている山なのだ。

 

それからオオヤマクイさんの家として

比叡山のふもとに「日吉大社」というのができたり、

そこにオオモノヌシさんも引っ越してきたりして。

 

そこへ、最澄天台宗延暦寺をひらく。

中学校の頃

天才はヒエ~!と叫ぶ(天台宗最澄比叡山

真空の荒野(真言宗空海高野山

と覚えたのを思い出しました(*´ω`)

 なんとなく仏教と神道は違う宗教=仲が悪い?

というイメージの人もいるだろうけれど、

そんなことはなく日吉大社の神様たちは

土地の神様として比叡山延暦寺の守り神になったわけで。

 

その比叡山とオオヤマクイたちの関係に

中国の道教から入ってきた三戸説に基づいた

庚申信仰なんかも入ってきちゃって。

 

それが、以前に

当ブログのさるまわし。 - とまのすでちょろっと書いた

山王信仰」のモト。

 

で、三匹のサルを従えた青面金剛さんが

山王信仰の新キャラクターだよ☆と登場した。

で、仏画なんかも出回るようになって、

ハッキリした像容が定まってなかったオオヤマクイは

目立たなくなって…

(;´・ω・)…あれ、なんかかわいそうだな…

 

それで日吉大社の神使はサルですよー。

とゆうイメージが定着してしまった。

それ以来いまだに、

稲荷神社といえばキツネ。春日大社といえばシカ。

日吉大社と、そこから分かれた日枝神社はサル。

 

そのうえ

「犬と並んで御産が軽い(安産祈願)」

「魔が去る(退魔祈願)」

ってゆうダジャレみたいな売りが打ち出されて、

猿のイメージはどんどん強化。

 

関東で最もメジャーな赤坂日枝神社も、

敷地内には狛猿(?)が居て、

なんと「まさるさん」という名前まで付いている。

日吉大社にも神猿(まさる)さん御守とゆうのがある

これだけで笑うなかれ。なんと…

赤坂日枝神社には石段だけでなく

エスカレーターが設置されているのである( ゚Д゚)!

※政治家の先生が良く来るからではという話らしい

 

不思議ちゃんな赤坂日枝神社だけど、

平安京の鬼門を守る「日吉大社」同様

ちゃんと江戸の裏鬼門を守ってますので。

皆さま赤坂に行くことがあったら是非(*'▽')

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ちなみに、今日行った端気町の日枝大社も…

前橋城の鬼門っぽい方角にあります。

前橋城との関連はわからないけれど。

 

日枝神社と猿の関係を話すだけで

だいぶ文字数喰ってしまいましたね…。

読んでいる方ももう飽きちゃったかもしれませんな。

(´・ω・`)ふぅ。

 

まぁ、

前橋市内には三件ほど日枝神社があって、

比較的知名度が高いのは

総社町にある山王廃寺跡の日枝神社なのだそうだけど。

 

強風とニューイヤー駅伝の混雑に負けて近場を選択。

群馬県前橋市の端気(はけ)町。

母校から少し赤城山方面に上ったあたりなので

管理人はご近所感があります。

 

f:id:ko9rino4ppo:20160101174325j:plain

 

大きな神社ではないけれど、

「妙に新しくてありがたみがないわー」

「住んでいる神様には悪いがしょぼいなぁ」

という感じではなかった。

 

むしろ個人的には、

すごく素敵だなぁー(*'▽')と思ったり。

f:id:ko9rino4ppo:20160101175427j:plain

この写真を見ると、

ちょっといつも見ている鳥居と違うぞ(;´・ω・)

と、思う方もいるのではないでしょうか?

 

結構低いんです。鳥居。

 

私は身長149cmで、並んでみるとこの通り。

f:id:ko9rino4ppo:20160101190212j:plain

つまり貫の高さは1.5mほどということかな。

 

屋久島に行ったときに、

「世救(やく)神社」というところで

注連縄が低ーく垂れている鳥居を見たことがあって。

管理が行き届かず垂れてしまった?

でもそれにしてはちゃんと両脇結んであるしなー。

みたいなこともあったけど。

 

石造りの鳥居自体が低い(というか小さい?)ので

今度こそ、緩んで垂れてしまったとかゆう可能性はなさそう。

 

かといって鳥居の種類というのは低さや大きさではなく、

形状(剃り返しや舟木・額束の有無や古口の角度etc)

で分けるものなので、低さによる名称というのも特になく

低さの意味というのはイマイチ調べづらい。

宮司さんもいない状態の現地では誰にも聞けないしな…)

 

しかし

鳥居が神様の領域とヒトの領域を分けるものということや、

日本一小さい鳥居(這ってしか入れない!)がある

粟嶋神社の御祀神が小さなスクナヒコさんだってことや、

他の鳥居が低い神社の宮司さんが言っていたことを合わせると…

 

神様の所へ来るのに頭が高い状態で入ってきちゃダメですよ!

ってことですかねー。

(安直ですみません…|д゚))

 

広く開かれた鳥居より、

ちょっと改まった感じがして

私は結構好きです。このサイズ感。

*~*~*~*~*~~*~~*~*~*~*~*

 

中をのぞいてみると、

こんな感じで

f:id:ko9rino4ppo:20160101174139j:plain

一番目立つところに

日露戦争記念」という額が。

前橋市富士見村あたりの神社でも

日露戦争凱旋記念」という石碑がある神社とか

慰霊関連の神社もあったりするから…

 

日露戦争以前からあった村の神社に

出征を祝ったり無事を祈ったり。

もしくは凱旋を記念して建てたり。

そんな歴史があるのかもしれません。

 

敷地内、建物の向かって右側には

道端でもおなじみの

猿田彦大明神↓

f:id:ko9rino4ppo:20160101174037j:plain

 

庚申塔

f:id:ko9rino4ppo:20160101214115j:plain

 

ん…これは…?

(´・ω・`)

f:id:ko9rino4ppo:20160101173907j:plain

一瞬、

まわりにいろいろ武器っぽいのがあるので

千手観音か?

頭になんか動物の顔ついてるから

馬頭観音か?

 

馬頭観音なら馬と猿も関連深いし、

猿が神使の日枝神社内に居ても納得!

 

と思ったのも束の間。

 

なんかこの頭のとこの、

馬じゃなくて龍にも見えるんですよねー。

しかも、武器は剣とかじゃなく弓矢オンリーに…

みえてきちゃいました( ゚Д゚)

 

弓と龍の冠といえば

十二神将の波夷羅(はいら)しか思いつかない…

でもどうして日枝神社に龍…。

 

こんがらかるから

馬頭観音であってほしい…(ノД`)・゜・。

真相はわからないまま帰宅。

何かお祭りとかやってれば

お年寄りに聞けたかもしれないのになー。

 

人っ子一人、居やしませんでしたよ

(´・ω・`)

f:id:ko9rino4ppo:20160101215858j:plain

この、少し中央がくぼんでいる石段の積み方とかも

何か意味があるのかなーとか

すごく気になるのに。

 

元旦からモヤモヤしましたが、

また一年、そんなモヤッとした管理人と

話が散らかって長引く当ブログを

よろしくお願いいたします!

(*'▽')ノ

※強制的にまとめて終わらせます…