読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とまのす

ちいさくゆっくり民俗学。

龍と地震と瓢鮎図。

どうしてナマズが地震の象徴のように扱われるの?

という疑問についての一番理論的な回答は、

 

ナマズは

地震の予兆である微弱な電流を感じる能力に優れ、

地震の前には通常より頻繁に泳ぎ回ったり異常行動を取る。

その地震とナマズの関係性に気付いた人々が

「ナマズが暴れるのは地震の前兆」

と言ったのが転じて

「ナマズが暴れると地震が起きる」

になったからである。

 

というものだと思います。

 

が、そんな話が流行ったのは江戸時代だとか。

特に、錦絵で

大鯰をおさえる要石(もしくはタケミカヅチ

という構図がはやったのは安政の大地震後。

じゃあそれ以前はどうだったの?

 

というと。

 

中世以前の日本で地震といえば、

主に龍(or蛇)だったようです。

 

現在は龍神=水神

のイメージが強い気がするし、

寛永時代に描かれた「大日本国地震之図」では

日本列島をぐるりと取り囲む龍は

不気味な津波の象徴に見えなくもない。

 

でも龍の神格化のモトである蛇は、

山に棲み、土に這う「地」と関係深い動物です。

水のイメージはむしろ、

蛇が龍へと神格化されて、

雷や風(=嵐、突然起こる自然の大きな動き)

の象徴になってからなんじゃないか。

なんて思います。

 (全然違ってる可能性もありますが(笑)

 

雨が降れば、

結局潤うのは土ですしね。

水と土は関わり深いのだと思います。

 

さて、そんな水と土の性質を兼ね備えた

カッコいい神獣が、ある日突然!

似ても似つかないナマズに取って代わられてしまった。

なぜ?

 

その細かい経緯や歴史を語るには知識不足すぎるので、

今回は本当に似ていないのかどうかと

題名にもある「瓢鮎図」について

こじつけな話をして終わります(^-^;

 

姿が似ていないのはもうしょうがないので、

ちょっと中国の五行思想と蟲の話。

 

「蟲」とは生物全般も指す言葉。

その中は

「羽蟲」(はねのあるもの。鳥)

「毛蟲」(けのはえたもの。獣)

「鱗蟲」(うろこのあるもの。魚や爬虫類)

「介蟲」(こうらのあるもの。亀や貝)

「倮蟲」(体表に何もないもの。にんげん)」

に分かれています。

さて、ナマズはどこに入るでしょうか。

魚だから鱗蟲でしょうか。

 

考えつつ、

この絵を見てみてください。

f:id:ko9rino4ppo:20150330221531j:plain

日本史の授業でもこんなの見ませんでしたか?

室町時代の文化」とかの章で。

水墨画の如拙の代表作として資料集に載っていた

「瓢鮎図(ひょうねんず)」。

 

スベスベした瓢箪で、

ぬるっとしたナマズをどう抑えるか?

という禅問答を主題にした絵だ

とちゃんと教えてくれた先生もいるかもしれませんね。

 

しかし、

その禅問答は置いといて。

 

まずは「ぬるっとした」ナマズについて。

お気付きだろうか。

この題名は

「瓢」箪で「鮎」を捕える「図」なわけだが、

 

鮎←コレ、なんて読みますか?

 

多分、日本の人なら「あゆ」と読むと思います。

そうなんです。

でもこれ、中国ではナマズを指す漢字だそうで。

意味を調べたら「うろこがなくぬめりのあるさかな」

だそうな。

そういえばアユも肌(?)がきめ細かくて鱗が目立たないな。

 

そんなわけで、

中国ではナマズは鱗蟲でなく

倮蟲に分類されることが多いとか。

 

鱗蟲は水に属しますが

倮蟲は土に属すとされます。

つまり、

ナマズも龍同様に

水と土の属性を併せ持つ動物なんです。



…なんて、

ここまで来るのに

これだけの文字数使った割に、

全然落とし所に落ちてなくてすみませんね

´д` ;

ま、そんなわけで

畏怖の対象としての龍神から

地震封じの対象

(つまり封じられる悪者) 

としてのナマズへ人気は移って行ったわけです。


ちなみに、

五行説の中では

木は土に根を張り抑え込むので

木は土より強いとされています。


ナマズを土の属性と考えると

植物(木)の属性である瓢箪と組み合わせること自体が

地震封じを願う絵である。

つまり

瓢鮎図自体が地震封じの絵!

と、ゆう解釈している学者さんもいるようです。

なかなかぶっとびですが、

おもしろい。

そんな風にも考えられるんだなあ。