読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とまのす

ちいさくゆっくり民俗学。

すみつけ祭り

きのう(2014/2/11) 

玉村町上福島地区(福島県ではなく群馬県です・ω・)

で行われた「すみつけ祭」を覗いてきました。

f:id:ko9rino4ppo:20140212210026j:plain

子供たちが炭をつけた大根を持ち、

天狗の面を付けた大人に続いて地区内をまわり

住民の頬や額に炭をつけて回ります。

 

天狗面と御神体は

埼玉の神社からお借りしているとか。

 

玉敷神社という神社で、

主祀神は大己貴(オオナムチノミコト)。

オオクニヌシと同一視されることの多い神様です。

 

もともとは埼玉郡の総鎮守で

久伊豆大明神と呼ばれていた神社らしいです。

 

f:id:ko9rino4ppo:20140212210252j:plain

↑こんな感じの大根で、野菜スタンプみたいにやります。

 

江戸時代、

ころんで鍋炭が顔についてしまった女中だけが

のちのち流行病にかからなかったのが起源だとか。

 

炭をつけてもらうと一年間健康に過ごせるそうです。

(私もやってもらいました!)

 

 

 

*************************

 

余談になりますが、

住民が他の住民に対して

「汚れるものを付けて回る」というお祭り。

 

類似したもので真っ先に思い浮かぶのは

宮古島・平良地区の「パーントゥ」です。

 

こちらは、神に扮した3人の青年が

特定の井戸の底から汲んだ泥(くさいらしい)を

自らの全身に塗ったのちに、

地区内の人を追い掛け回して塗りたくり、

新築の建物や壁などにも塗りたくって回る!

という激しい祭り。

 

こちらは、もともと憑いていた悪霊を

泥を付けることで落とすという意味合いだとか。

※もっと詳しい説明は

 ウィキペディアor国指定文化財データベース

 

**************************

(追記)

 

後で調べてみたら、パーントゥよりも

大分県宇目で行われる「木浦鉱山すみつけ祭」のほうが

由来や方法が近いみたいです。

宇目でも一年の無病息災を願って、

「神から人間へ」ではなく人間同士が炭を付けあいます。

 

こちらの起源は、

鉱山の落盤事故で唯一生き延びた人が

炭で顔が真っ黒だったため。

または、

鉱山労働者の夫婦が

顔に炭を付けあってふざけていたために仕事に遅れ

落盤事故を免れたため。

と伝わっているようです。

 

大分県の「木浦鉱山すみつけ祭」に関する

大分合同新聞社の記事はこちら