とまのす

ちいさくゆっくり、民俗学。

Key word

燃やして 願って、吉田の火祭り。

吉田の火まつりに行って、奇祭について考えた話。

鹿と阿闍梨と早池峰神社。

さて、前回は早池峰山の山開きで奉納された権現舞について少し書いてみた。その際、岳神楽の本拠地・早池峰神社にも少し触れたかと思う。大償神楽と岳神楽を合わせて早池峰神楽と呼ぶわけで、出来れば3つの神社を見たいなぁと思ったのだが…。早池峰神社と大…

龍と比羅夫と 穂高神社。

せっかく中萱のお舟祭りまで来たので、今までなかなか来られなかった穂高神社にも来てみた。祭神は、ワダツミの息子であり安曇氏の祖先・ホタカミノミコト。併せて、ホタカミの父でもある海神・ワダツミ、安曇氏出身の武人・阿曇比羅夫(アズミノヒラフノミ…

春の安曇野、お舟の祭り。

安曇野市・三郷 楡の住吉神社。4月末に行われたお舟祭りのことなど。

中洲を偲ぶ、諏訪湖畔めぐり。

皆さん、なんと4月になってしまいました。風邪をひいて外出できない時こそ下書きに溜まった記事の消化を…。ということで、諏訪湖畔の寺社について記憶を発掘するインドアな年度始めとなります。(とか言っていたらパソコンの不調でさらに更新遅れた)*甲立…

盆に、もう一度 産まれる。(牡鹿半島編)

霧雨の中、牡鹿半島に行ってReborn Art Fesの作品をいくつか見てきた話。

盆に、もう一度 産まれる。(石巻市街 編)

盆に、石巻の芸術祭に行った話。

大根好きの待乳山聖天さん。

浅草神社→今戸神社への道のりで待乳山聖天という看板を見つけた。この日は非常に暑かったので「いや、もういいんじゃない?寄り道は…」という気分になりかけたが、一応前を通ってみた。すると、なんだか木陰で涼しそうではないか!というわけで涼しさの誘惑…

遊郭しのぶ 吉原神社。

吉原敷地内にあった5つの稲荷神社を合祀する吉原神社と、無情な過去を語り継ぐ弁天堂のはなし。

岩櫃山のおひざもと。

まだ和歌山で行った速玉神社の記事を書いていないが、先週末は地元で ぶらり鉄道の旅。吾妻のほうまで行ってみた。今回の神社は駅から近いので気軽でオススメ。(前日は炎天下9~10km歩いて、疲弊した)吾妻線・郷原駅で下車。岩櫃山の麓である。岩櫃(いわ…

辰砂と熊とニシキトベ。

前回の記事で主人公的なカムヤマトイワレビコと敵対し日本書紀ではたった一言「誅された(悪いやつなので討たれた)」と、登場した瞬間に退場したような地元勢力がいた。という話をした。今回は、その関連神社などに行ったわけではなく単なる妄想記録に留ま…

黒沢尻の火除祭。

単独行動が好きだけれど、今回は家族で岩手県・北上へ。桜を見るために岩手⁉︎え?神社はいかないの?もう群馬で見たからいいよ…神社行かないのかよー…と、久々の集団行動にテンション下がった上にちょっと前から扁桃腺が腫れて調子が悪い。 しかし、よくよく…

二度目の「君の名は。」※ネタバレ含む

「君の名は。」2回目見に行ってきたので、今度はちょっとネタバレする。 …といってもこれを読んでもあんまり話のスジは分からない。そしてほとんどすべて妄想でしゃべってます。早く裏を取る作業に入ろう。

高尾稲荷とリップグロス。

新吉原の遊女「万治高尾」の頭蓋骨が御神体だという、知ってる人は知ってる小さな神社。後半は口紅の話になってしまってますが。

鴻池朋子「根源的暴力vol.2あたらしいほね」

今回は神社から脱出して美術館へ! 長くてとりとめがなくなってしまったので、眠れぬ夜や電車の時間つぶしにどうぞ (´・ω・`)

君の名は。

「君の名は。」を見た民俗学脳の感想。軽い気持ちで見たけど、自分があるときから急にド田舎やら山奥の神社に吸い寄せられるようになったのはどうしてか?が、なんとなくわかった気がした!(作品に集中しろと言われそうだが) (;´・ω・)

高幡不動尊と水銀の女神。

駅の名前にもなっている上に、駅チカで行きやすい高幡不動。 丈六不動も見事だが、その真言宗の寺院を陰ながら見守る高野山の女神様にもぜひ御参拝あれ。

風の国の不吹堂

風の盆・繭手水鉢の若宮八幡・養蚕業の財で育てた曳山etc…を紹介してきた富山シリーズ(?) 最後は風の神様を祀った「不吹堂」シナトベ神社の話。

おわらと胡弓と蚕と。

長らく休んでましたが、風の盆です。あの胡弓は、瞽女さんの胡弓だったんですなー。養蚕の町らしい理由だな、となんとなく思ったり。

ボーダレスタイム「盆」。

毎年やってるけど色々分からない「盆」のこと。盆のたびにリモコン式ローソクとかプラスチック製キュウリ馬とか謎商品が出てきて、管理人は楽しいです。

上野国八ノ宮・火雷神社。

七福神デザインの本殿と。道真プレゼンツ(?)な梅の彫刻が可愛い拝殿に、なぜか藁船。ムギマキゴシンジ以外にもまだ神事が隠れていそうな火雷神社。

玉村町五料の水神祭!

群馬県の玉村で毎年やっている、 船を曳きまわした後で川に浮かべる祭り。 船頭の村ということで、もうちょっとこれ以外にも水系の信仰の形跡さがしたかったなー。

日韓折衷、聖天院さん。

純和風の雷門から入って本堂を過ぎると、急に韓流に!? 羊石やら八角亭やら檀君やら。 これなら韓民族の無縁仏たちも祖国気分でゆっくり休める…のかな。

葛井神社と清池。

*茅野駅から上社への道で*自動車超初心者の管理人、今回も諏訪大社へは徒歩で向かう。もはや、グーグルマップに頼らなくても辿り着けるようになった。今回はちょっと違う道を通ってみよう!と歩いていると、小さな十字路の向こう、道の突き当りに鳥居が。…

鬼鎮神社の律儀な鬼。

埼玉の嵐山にある、鬼鎮神社に行ってきた。神社に残る伝承にキュンと来たけど、いつも通り話はまとまらなかった…。どうしても思考が長野に引っ張られるー。長野、引力強いです。

左十字紋と守矢家

神長官守矢資料館に行き、そこの屋根にある家紋を見たら、こんなだったわけですよ。ん?島津藩?ってなりますよね。なったんですよ。で、どっからきた!?ってなったわけで。当初の予想としては柏紋だと思ってたわけですよ。だって、物部守屋神社も洩矢神社…

タケイワタツのおうちが壊れた…!

昨日の地震で倒壊した阿蘇神社にいる、タケイワタツさんとか。 彼にいろいろ似てるタケミナカタさんの話とか。

「宮型」に逢えなくなる日が来る!?

日本では周辺住民の苦情により消えつつある「宮型霊柩車」のことや、 ちょっとお葬式前の色々や。 あとモンゴルやミャンマー、台湾などへ行った宮型霊柩車とかのハナシ。

金剛寺の摩多利神さま

疫病の神・摩多利神さまの根っこを追いかける休日。

文治稲荷と仙人風おじいちゃん。

群馬県前橋市三河町2丁目。突然雨に降られて雨宿り場所を探していると、蛍光オレンジで「文治稲荷神社」の文字。 手作り感がある…(;´・ω・)しかし案外奥まった威厳のある稲荷社だった。(雨で薄暗かったせいかも)青銅っぽい明かりがちゃんとついていて良い感…