読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とまのす

ちいさくゆっくり、民俗学。

地域-群馬

粕川・月田のささら。

以前に行った近戸神社の祭り。川に酒粕を流す「御川降り(おかおり)神事」と、獅子舞「月田のささら」。 最後のほうに書いた「祭りとは 神と人とを つなぐもの」って5・7・5になってんな。わざとじゃないよ。

薬師如来軍団と荻窪神社。

大胡祇園祭の合間に荻窪神社まで散歩しつつ、道中で薬師如来と十二神将像を見つけた話。

勝山神社の天井絵。

偶然行き着いて神社の拝殿を覗くと、格天井になんだか古そうな花鳥図が!

頼政神社の裏番八幡。

頼政神社に到着して「おお、なんか重たくて恐れ多い雰囲気だな」と思っていたら、横にもっと怖い八幡様が居た話。

上野国八ノ宮・火雷神社。

七福神デザインの本殿と。道真プレゼンツ(?)な梅の彫刻が可愛い拝殿に、なぜか藁船。ムギマキゴシンジ以外にもまだ神事が隠れていそうな火雷神社。

上野国七ノ宮・小祝神社。

結構住宅地の中にあるけれど、上野国七ノ宮。にぎやかな色彩や、細かい彫刻が印象的だがしかし。なぜかグーグルマップではかなり近くなっても地図上に現れない。まさか、もはや法人とかを乗っ取られ神社ではないのか?と疑うレベル。

上野国九ノ宮・倭文神社。

七,八と来て九ノ宮。山の扁額は、いつ奉納されたかわからないけど上野の国にとって大事だった神社が一目で分かって便利な感じ。

大胡祇園の天王さん&暴れ獅子!

蒸しあっつくなってきて疫病の季節ですよー。全国祇園ラッシュですな。前橋の大胡町も、毎年恒例の「暴れ獅子」が町内各所で暴れましたー。今年の夏も病気しないで過ごせますように!よいさ、よいさ!

大胡神社と太々神楽。

大胡祇園まつりのかたわら、大胡神社と太々神楽を見てきた。 子供たち、ただ座ってみてるんじゃ勿体ないぞ! 神様がばらまくお菓子に飛びついたりさ。 今回はそうゆう演目無かったけど、暴れまわるスサノヲとか見てスゲーッてなってほしい。 アキバにいけば…

玉村町五料の水神祭!

群馬県の玉村で毎年やっている、 船を曳きまわした後で川に浮かべる祭り。 船頭の村ということで、もうちょっとこれ以外にも水系の信仰の形跡さがしたかったなー。

近戸神社で(゚д゚)ハッ!(+α 阿夫利神社)

なかなかイイ感じの上毛電鉄に乗って、田舎であの神様と再会したりする話。上毛電鉄のいいところは、自転車をたたまずに乗せられるとこですな。月田の獅子舞は見てみたいところ。丁度、そんなに間をあけずに今年の夏には見れそうな日取りだし。

三夜沢&二宮赤城神社

奥宮と里宮の関係にあるとゆう、 三夜沢赤城神社と二宮赤城神社について。しかし、折り畳み自転車で15km山を登るという奇行の結果、体を使いすぎて全く頭が働いていない記事になっている。

伊勢崎・飯玉神社めぐり。

前回、前々回の記事で群馬には飯玉と名のつく神社がかなりの数ある、と書いたわけだが。今回は本場(?)伊勢崎の飯玉神社たちを訪問。*馬見塚飯玉神社*群馬県伊勢崎市馬見塚にある。境内は小さめで 道にも面しているので結構ちかくを車が通る。説明書きに…

県営住宅内に後閑飯玉神社!

団地の中にあった飯玉神社、 実は古墳の上に立っている。 境内の霧島稲荷では、お狐様にイイあさごはんが!

飯玉神社と石神社

初めに行った飯玉神社は、私の通っていた小学校の近く。群馬県前橋市若宮町。特に何神社と気にすることもなく、地図に鳥居が表示されているので行ってみよう的なドラゴンボールのレーダー状態。結構年中その周辺を通っていたのに神社なんて気づいたことなか…

子神社のステンレス草鞋。

群馬県館林市生田町。ここに子神社(ねのじんじゃ)がある。地図上で発見して、駅から自転車で行けそうだったので行ってみた。鳥居の扁額は、白龍と暖色系の花でなんだか可愛らしいカンジも。そして隣接する御稲荷さんは鳥居工事中( ゚Д゚)でも拝殿の奥にはち…

狐狸ひしめく館林②:茂林寺の守鶴たぬき

茂林寺に伝わる狸の話と、狸と「8」という数字についてとか八幡様について。

狐狸ひしめく館林①:尾曳城とキツネ

今日は、今年の「初午」の日だったわけで。初午はウカノミタマが伊奈利山に降りたった日!とされていて、お稲荷関係の行事も多かったり。が、生憎 今日は仕事Σ(´Д` )!しかたないので、先日お邪魔したお稲荷さまの思い出に浸る。*館林城*いまや「日本一暑…

清水寺の彫刻(*´ω`)

町田市相原にある清水寺。「きよみずでら」でなく「セイスイジ」である! 相原駅から蚕種石というものを捜そうと歩き始めてほんの10分ほど。なにやらお寺っぽいものが…と病気のように引き寄せられて清水寺に不時着。 なんだか所々に作業の痕跡が。ブルーシ…

金剛寺の摩多利神さま

疫病の神・摩多利神さまの根っこを追いかける休日。

文治稲荷と仙人風おじいちゃん。

群馬県前橋市三河町2丁目。突然雨に降られて雨宿り場所を探していると、蛍光オレンジで「文治稲荷神社」の文字。 手作り感がある…(;´・ω・)しかし案外奥まった威厳のある稲荷社だった。(雨で薄暗かったせいかも)青銅っぽい明かりがちゃんとついていて良い感…

吉祥寺の春駒まつり(*'▽')

群馬県川場村で、養蚕の成功と家内安全を願って行われる門付芸・春駒。 女装した青年会メンバーが頑張るお祭りです(*'▽')

吉祥寺の仏像ズ。

吉祥寺とはいっても東京ではない。( *´艸`)群馬県利根郡川場村門前にある臨済宗建長寺派 青龍山 吉祥寺さんである。※記事が長くなってしまったので最初に言っておくと 本堂と春駒まつりについては次回記事で!(;´・ω・) 吉祥寺の春駒まつり(*'▽') - とまのす …

豊川稲荷とダキニ天さま。

前回の記事・隆興寺の敷地内に豊川稲荷がある。寺院の敷地内にある神社は、その寺院と敷地を守る「鎮守神」とされることが多い。神仏分離や廃仏毀釈が行われる前は、今よりさらに多くの寺院がそうだったのだろうと思うけれど。ただ、ここのお稲荷様は愛知県…

隆興寺さんの相輪。

群馬県前橋市三河町にある隆興寺。前回記事を書いた東福寺さんのすぐ近くにある。遠目に「教会かな」と思って近寄ってみたら、なんかすごく和風な垣根やアジサイの枯れ木があって、隆興寺と書かれた門があった。お寺じゃんΣ(・ω・ノ)ノ! 前回の東福寺に続き、な…

東福寺に再会。

変わったお寺を発見したけど、後で母に聞いたら小さい頃よく言ってた場所だったという話。

木曽三社神社の下り参道。

下り参道とは、入口よりも拝殿・本殿が低い位置にある形式。日本でも少ないらしいが、偶然たどり着いた神社が下り参道だった話。

辛科神社とグンマのおやま。

「韓国からの渡来人とグンマ」の切り口で群馬県吉井町の辛科(からしな)神社と、赤城・榛名山を考える。

咲前神社と旧鷹巣神社。

群馬県安中市鷺宮にある「咲前(さきさき)神社」。養蚕と関係深い神社ということでいってみた。駐車場は先日の雪でべっちゃべちゃ( ゚Д゚)ゴム長靴はいてきてよかったー。 そして細い車道を挟んだ向かい側には「うす 売ります」の看板…臼とは道に看板を出して…

端気町の日枝神社。

申年になったよ!ということで猿と関連深い日枝神社に行ってきました。 そもそも日枝神社とは何者で、どうして猿と関係あるのか?

蛇穴山古墳と弁財天さん。

群馬県前橋市総社町まで出たついでに 「蛇穴山古墳」見てきた。 「古墳なんて社会の教科書の中の話でしょー」 という人のほうが多いのかなーとも思うけど、 私の故郷グンマーにはポコポコ大量に古墳があったりする。 現代日本では影の薄い(;´・ω・)群馬だが、 …

岩井堂のかんのんさま。

朝、前橋から四万温泉(中之条)方面に向かう途中、 反対車線に何かの御堂を発見! 帰りに寄ろうと心に決めつつ 「桃太郎の滝」という謎の名称の滝へ。 説明書きを見ると 「流れ落ちる形が桃に見えるため」 皆さんの心の目には・・・見えますか? 桃・・・(^…

前橋の長壁(おさかべ)様。

前橋の、と書いたのは もともとこの「おさかべさま」が 姫路城の天守閣にいた神様だから。 転勤続きの松平氏が姫路から前橋城に移るときに 一緒にお引越ししてきたらしい。 ちなみに、姫路城のほうでは 刑部と書いておさかべ だったりする。 神様とは書いた…

すみつけ祭り

きのう(2014/2/11) 玉村町上福島地区(福島県ではなく群馬県です・ω・) で行われた「すみつけ祭」を覗いてきました。 子供たちが炭をつけた大根を持ち、 天狗の面を付けた大人に続いて地区内をまわり 住民の頬や額に炭をつけて回ります。 天狗面と御神体…

上新田稲荷獅子舞

群馬県の佐波郡玉村町上新田にある稲荷神社。 ここで、先日書いた「すみつけ祭り」とほぼ同時に 稲荷神社獅子舞が行われました。 獅子舞と言われて一番イメージしやすいのは 赤い獅子頭に唐草模様の布をかぶった「伎楽系(神楽系)」。 ですが、今回の獅子舞…