とまのす

ちいさくゆっくり、民俗学。

カミサマ索引

田立の花馬、300周年。

南木曽町田立の「花馬祭」に行ってきた話。いつにもまして脱線が重傷。しまいにはチベットのルンタの話に行きつくが、それも不時着。

イカリとカメと大杉神社。

銚子電鉄に乗って、日本の前足の先っちょへ行ったら小さな神社に漁師さんの言い伝えがぽろぽろ落ちていた話。銚子ではお稲荷さんの狐たちは赤前掛けではなくねじり鉢巻きをしていた…。

良縁まねく今戸神社。

待乳山聖天から徒歩数分、今戸神社に到着した。境内は広くて砂っぽくて校庭みたいな印象。※個人の感想です淺草だけあって団体客がワサワサと歩いていた。ここの狛犬はゲージで飼われているようだ。お顔がよく見えない…(´・ω・`)シュンさて、こちらが拝殿。装飾は…

大根好きの待乳山聖天さん。

浅草神社→今戸神社への道のりで待乳山聖天という看板を見つけた。この日は非常に暑かったので「いや、もういいんじゃない?寄り道は…」という気分になりかけたが、一応前を通ってみた。すると、なんだか木陰で涼しそうではないか!というわけで涼しさの誘惑…

彫刻だらけの桐生天満宮。

徳川家もゆかりの関東五大天神・桐生天満宮。ただ、調べてもあと4社がどこなのかはわからなかったとさ。彫刻でゴテゴテの本殿がステキすぎる。

遊郭しのぶ 吉原神社。

吉原敷地内にあった5つの稲荷神社を合祀する吉原神社と、無情な過去を語り継ぐ弁天堂のはなし。

岩櫃山のおひざもと。

まだ和歌山で行った速玉神社の記事を書いていないが、先週末は地元で ぶらり鉄道の旅。吾妻のほうまで行ってみた。今回の神社は駅から近いので気軽でオススメ。(前日は炎天下9~10km歩いて、疲弊した)吾妻線・郷原駅で下車。岩櫃山の麓である。岩櫃(いわ…

神倉神社のゴトビキ岩。

*神倉神社と石たち*前の記事に書いたが、クジラの町・太地にはあまり安く泊まれる普通のビジネスホテルがない。なので、数駅離れた新宮で宿泊したわけだ。最初は太地だけが目的地だったので今回は熊野系には手を出すまいと思っていた。(ゆっくり見るにはG…

秩父夜祭、逢瀬の祭り。

秩父夜祭行ってきました。きれいだったな~。(こなみかん)

高幡不動尊と水銀の女神。

駅の名前にもなっている上に、駅チカで行きやすい高幡不動。 丈六不動も見事だが、その真言宗の寺院を陰ながら見守る高野山の女神様にもぜひ御参拝あれ。

3にまつわる三囲神社。

何かと「3」が関係してくる三囲神社にいってきた。そしてあの三井氏の歴史もなんとなくわかったような…。

薬師如来軍団と荻窪神社。

大胡祇園祭の合間に荻窪神社まで散歩しつつ、道中で薬師如来と十二神将像を見つけた話。

勝山神社の天井絵。

偶然行き着いて神社の拝殿を覗くと、格天井になんだか古そうな花鳥図が!

頼政神社の裏番八幡。

頼政神社に到着して「おお、なんか重たくて恐れ多い雰囲気だな」と思っていたら、横にもっと怖い八幡様が居た話。

上野国八ノ宮・火雷神社。

七福神デザインの本殿と。道真プレゼンツ(?)な梅の彫刻が可愛い拝殿に、なぜか藁船。ムギマキゴシンジ以外にもまだ神事が隠れていそうな火雷神社。

上野国七ノ宮・小祝神社。

結構住宅地の中にあるけれど、上野国七ノ宮。にぎやかな色彩や、細かい彫刻が印象的だがしかし。なぜかグーグルマップではかなり近くなっても地図上に現れない。まさか、もはや法人とかを乗っ取られ神社ではないのか?と疑うレベル。

上野国九ノ宮・倭文神社。

七,八と来て九ノ宮。山の扁額は、いつ奉納されたかわからないけど上野の国にとって大事だった神社が一目で分かって便利な感じ。

大胡祇園の天王さん&暴れ獅子!

蒸しあっつくなってきて疫病の季節ですよー。全国祇園ラッシュですな。前橋の大胡町も、毎年恒例の「暴れ獅子」が町内各所で暴れましたー。今年の夏も病気しないで過ごせますように!よいさ、よいさ!

大胡神社と太々神楽。

大胡祇園まつりのかたわら、大胡神社と太々神楽を見てきた。 子供たち、ただ座ってみてるんじゃ勿体ないぞ! 神様がばらまくお菓子に飛びついたりさ。 今回はそうゆう演目無かったけど、暴れまわるスサノヲとか見てスゲーッてなってほしい。 アキバにいけば…

歌舞伎町の絶滅危惧社・稲荷鬼王さま。

ホストやらホテル渦巻く歌舞伎町に 唐突にある稲荷鬼王神社。 鬼を祀っているわけではないけれど、 絶滅危惧種・鬼王大権現が祀られている。 水琴窟あり、鬼あり、狼ありの境内。

「綿のおばば」に会いに行く。

新宿2丁目へ、奪衣婆に会いに行ってきた。 やっぱり民間信仰的なエリアは楽しいなー。 そのうち世田谷の奪衣ばぁちゃんも紹介したいものです。

高麗神社と「田の神さぁ」

高麗神社の記事かと思いきや、 高麗神社の社殿にはほとんど触れていない。 水天宮の参道脇にあった謎の石像から 一気に宮崎、韓国まで… 妄想が飛びまわっているだけの記事です(´・ω・`)

意外と気になる達屋酢蔵神社。

通り道にあったから、ふいっと寄ってみたら案外穴は深そうだった神社。摂社とは言うものの 諏訪大社との関係も気になるし、いろいろ気になる。しかも、諏訪大社の力が強くて仏教の流入が遅れたといわれてるこの土地で、この密教度。いや、修験道度かな…。

鬼鎮神社の律儀な鬼。

埼玉の嵐山にある、鬼鎮神社に行ってきた。神社に残る伝承にキュンと来たけど、いつも通り話はまとまらなかった…。どうしても思考が長野に引っ張られるー。長野、引力強いです。

報恩寺の五百羅漢さんたち。

ずらっと並んだ五百羅漢様のエネルギーは、どこにフォーカスして放たれてるのかわかれば。なんでこんなに生き生きしてるのかも納得!

近戸神社で(゚д゚)ハッ!(+α 阿夫利神社)

なかなかイイ感じの上毛電鉄に乗って、田舎であの神様と再会したりする話。上毛電鉄のいいところは、自転車をたたまずに乗せられるとこですな。月田の獅子舞は見てみたいところ。丁度、そんなに間をあけずに今年の夏には見れそうな日取りだし。

三夜沢&二宮赤城神社

奥宮と里宮の関係にあるとゆう、 三夜沢赤城神社と二宮赤城神社について。しかし、折り畳み自転車で15km山を登るという奇行の結果、体を使いすぎて全く頭が働いていない記事になっている。

左十字紋と守矢家

神長官守矢資料館に行き、そこの屋根にある家紋を見たら、こんなだったわけですよ。ん?島津藩?ってなりますよね。なったんですよ。で、どっからきた!?ってなったわけで。当初の予想としては柏紋だと思ってたわけですよ。だって、物部守屋神社も洩矢神社…

守屋山アイヌ語説&木遣ヲナリ神説※妄想です!

さて、先日の記事ではとりあえずこれは事実だろうというところを書いた。今日はほぼ完全に妄想の世界なので、諏訪大社やモリヤ神社に関して正確に知りたい方は他ブログ様のほうがオススメである。(自分で書いておいてなんだが)*アイヌ風な気配*まず、守…

神長官守矢資料館で聴き込み。

モリヤ神やらタケミナカタやら モリヤ神社やらモリヤ氏について、 神長官守矢資料館で情報集めようと画策。